大手芸能事務所様のお取引多数!編集チームは現役YouTuber中心 最短1日で納品 大量発注も大歓迎

話題の[低価格] YouTube動画編集 株式会社GEKIRIN

未分類

【Adobe Premiere Pro】映画風エンドロールの作り方

更新日:

動画制作をすると「エンドロールを作り方が分からない」と悩み人は多いです。短編映画や結婚式のムービーで活用したい方も少なくありません。そこでこの記事では、Adobe Premiere Proを使った映画風エンドロールを作る方法をご紹介します。ぜひ記事を読みながら実践してみてください。

【見出し】エンドロールの作り方①テキストを用意しよう

エンドロールを作成するにあたり、準備するものは2つあります。エンドロールをつける動画と、出演者をまとめたテキストです。編集したい動画の素材はあらかじめAdobe Premiere Proにいれておいてください。エンドロールに記載したい出演者の名前は、事前にテキストファイルに入力しておくと、後半の編集が楽になります。

【見出し】エンドロールの作り方②出演者の名前を入力しよう

エンドロールの作成画面をひらくには「ファイル」から「新規」をクリックし「レガシータイトル」を選択してください。タイトル名は、好きな言葉で入力しましょう。編集画面が表示されたら、ロールクロールオプションをクリックします。テキストを入力する「四角い枠」を表示させた後に広げたら、中心の線に「四角い枠」の橋が重なるようにするのがポイントです。あらかじめ用意しておいたエンドロールの記載内容を、コピーし枠にペーストします。まずは「カメラマン」など役割の項目だけ「四角い枠」に右詰めで入力してください。その際、枠の左端が編集画面の四角形の左辺に合わさるようにします。できたらテキストボックスをコピーして、反対側にペースト。出演者の名前をコピーして、貼り付けましょう。文字は左詰めにして、編集画面の四角形の右辺にテキストボックスが合わさるようにします。左右対称のエンドロールが完成しているはずです。

【見出し】エンドロールの作り方③実際に流してみよう

エンドロールを実際に流してみましょう。ロールクロールオプションをひらいて「ロール」を選択し「開始スクリーン」と「終了スクリーン」にチェックをいれてください。完了したらエンドロールの速度を調整します。動画のクリップの尺をのばして、好みのスピードに合わせてください。以上がAdobe Premiere Proをつかったエンドロールの作り方です。

【見出し】初心者でも大丈夫!エンドロールづくりに挑戦しましょう
今回はAdobe Premiere Proを使った映画風エンドロールの作り方をご紹介しました。難しいイメージがありますが、やり方さえ覚えてしまえば簡単です。コツを掴めば30分程度で作れるようになりますよ。ぜひこの記事を参考に挑戦してみてくださいね。

-未分類

Top

Copyright© 話題の[低価格] YouTube動画編集 株式会社GEKIRIN , 2019 All Rights Reserved.