fbpx

YouTube テロップ 動画制作コラム

YouTube字幕のコツはこれ!本当に効果のあるYouTubeテロップの作り方

YouTubeに投稿した動画を、視聴者に対してより見やすくし、動画の中で伝えたいことをより明確にしてくれるありがたいツール「字幕テロップ

でもその字幕、ただ表示すればいいって訳ではありません。多くのYouTuberがやりがちな失敗例を参考に、見やすい字幕の付け方を押えておきましょう!

YouTubeとテレビのテロップはどんな違いがあるのか

動画編集者としての技量が試されるのが字幕。ここはクリエイターのセンスが試されるポイントです。
字幕は、他の要素と比べるとこの人は動画編集が上手か下手かかなり簡単に分かってしまう判断材料です。
テレビの番組がどうしてあそこまで見やすいのかというと、字幕ひとつひとつにたくさんの工夫が散りばめられているからなのです。
有名YouTuberのヒカキンさんや東海オンエアさんなど、人気のYouTube動画でもやはりテレビのようなテロップはあまり出ていません。
YouTubeの中で最もテレビみたいなテロップを作っているのは「2200年TV」というチャンネルです。こちらが1番テレビっぽい編集をしていると言っても差し支えないでしょう。

画像引用元:2200年TV

テレビのテロップって完成されたテロップですよね。でもあれをずっと見ていられるでしょうか?
ずっと目で追っていると疲れてしまいそうでなかなか難しいのではないでしょうか。
YouTubeで求められるテロップは凝りすぎないシンプルなもの
例えば白と黒を基調としているごく普通の何の当たり障りもないテロップの方が、かえって動画の邪魔になりません。
逆に黄色に白色の枠線をつけたテロップなんかは、字幕としてもかなり見にくくなってしまうので要注意。
特にスマートフォンアプリでYouTubeを観ている人が増えた現在、読みにくいテロップはそれだけで離脱の原因に繋がります。

あなたもしてるかも?失敗テロップチェックリスト

よくあるYouTubeテロップの失敗例は、

  • 画面の幅いっぱいにぎっしり字幕を表示してしまう
  • 文字をぎゅうぎゅうに詰めて表示している
  • 字幕を3行以上で表示している

といったことが挙げられます。
実は、これはYouTubeに動画を投稿している多くの人がしてしまいがちです。
とても見にくい動画なのでやめておきましょう。逆に、YouTubeに投稿する動画のテロップはこの3点さえ避けることができれば、観やすくスッキリしたテロップを作成できます。
テロップにどんなフォントを使うか迷ったらこちら

YouTube動画編集なら株式会社GEKIRINにお任せください

  1. YouTubeチャンネルの再生回数が伸び悩んでいる
  2. ビジネス集客としてYouTubeを活用したい
  3. 動画の撮影からサポートしてほしい
そんなお悩みはありませんか?
株式会社GEKIRINが、【2,000件の豊富な実績】を元にしたノウハウで解決します。
まずはお気軽にご相談ください。

-YouTube, テロップ, 動画制作コラム

Top

© 2021 動画編集の株式会社GEKIRIN