株式会社GEKIRINは日本初の「動画編集」会社です。WEBやプロモーションの事ならなんでもご相談下さい

動画編集の株式会社GEKIRIN

動画制作コラム

できるだけ〇〇しよう!YouTube動画投稿で初心者が失敗しないためのポイント3つ

更新日:

この記事を書いた人 : 井上茉里奈 icon-twitter@JJOMD0428

大学4年在学中 / 動画編集の株式会社GEKIRIN / オウンドメディア編集長 / DMM子会社でインターン→フリーランス校閲者→編集長になりました

動画配信はブログとは違った難易度があり、途中で挫折してしまうことも少なくありません。でもチャンネル登録者の数を増やすためには、継続して動画を出すことが必要不可欠です。あらかじめ動画を配信する上で重要なポイントを知っておくことで、動画配信を始めるハードルが低くなったり楽しく編集できたりするので、初心者の方こそ抑えておきましょう。

最初から質の高い動画を作ろうとしない

人は本能的に誰かと比べようとする生き物なので、他の人の動画を見て自分の動画のクオリティが低いことに対して劣等感を抱くことがあります。意気込まず肩の力を抜いて、気楽に動画作成をすることが大切です。よく見られている動画は同じ構成で編集していることが多いです。最初に自己紹介をして、視聴者に役に立つことを話して最後に締めくくる。そういった簡単な動画を無理のないペースで配信していきます。最初のうちは低品質でも投稿してみて、続けていくうちに余裕が出てきたら改善して質を上げるくらいの心持ちだと長く続けることができるでしょう。

人間らしさを武器にする

映像を作る上でスクリプト(原稿)を書くこともありますが、もしこの作業が面倒であればやめてもいいでしょう。YouTubeのコンセプトである「Broadcast Yourself」というのは、「あなた自身を発信しよう 」という意味です。YouTubeではあらかじめ決められたテレビ的なものよりも、アドリブで自分らしさ表現したほうが、再生回数が上がったりします。スクリプトのない配信では 「えー」とか「あー」などが入ってしまいますが、そこに人間らしさを感じるので、あなた自身を表現することにつながるのです。段々と慣れてきて余裕が出たらこの「えー」「あー」などの無駄な間をカットすればより良い動画に仕上がります。再生回数を延ばすために重要なポイントですので、できるだけ編集してみましょう。

例えば、GEKIRINに所属するトップクリエイターのえらいてんちょうさんは、登録者数15,284人を誇るサブチャンネル『えらてん起業チャンネル』の動画をすべて一発撮りで撮影しています。主に生放送をそのまま動画として残しておくやり方ですが、これなら生放送を見逃してしまった方でもその時のコメントが動画に反映される空気感を味わうことができます。

動画引用元:えらてん起業チャンネル

人間らしさを出すという理由で、撮り直しをせずに1回で撮影してしまうという方法があります。こうする事によって人間らしさを出せるだけではなくて、編集をする量を減らすことができるでしょう。1回しか撮影しないということを頭に入れておけば適度な緊張感を持って撮影をするようになるので、話す能力も向上していきます。最初は難しいと思いますが、後々重要なスキルとなるはずです。

撮影部屋のセットアップとルーティン化する

撮影機材をわざわざ準備する手間を省くことができれば、撮影するハードルは格段に下がります。撮影するための部屋をあらかじめセットアップしておけば、ライトとマイクとカメラの電源をつけるだけで撮影ができるようになります。動画を配信することをルーティン化してしまえば、自然と作りたいと思ったときにすぐ動画を撮影できるようになります。たとえば曜日ごとで配信内容を決めることで、撮影する曜日が固定になります。あらかじめネタとなるアイデアを書き出して毎週配信していくだけなので、動画を作ることに専念できます。

-動画制作コラム

Top

Copyright© 動画編集の株式会社GEKIRIN , 2019 All Rights Reserved.