fbpx

未分類

【iMovie】銃乱射エフェクトのやり方を徹底解説

「映像で銃を乱射させたいけどやり方が分からない」このように頭を抱える人は少なくありません。エフェクトが複雑で困惑してしまいますよね。そこでこの記事ではジュ乱射エフェクトのやり方を徹底解説します。ぜひパソコンで実践しながら、読んでみてください。

【見出し】銃乱射エフェクトを再現するカギは「VFX」にあった!

銃乱射を表現するためにはVFXを挿入する必要があります。VFXとはVisual Effectsの略で、直訳すると視覚効果といった意味です。一般的に表現される「CG」と似たイメージで想像しても問題ありません。画面からモノが飛びだしたりするようなマジック風の映像もVFXを活用しています。銃乱射でVFXを挿入するにあたり、まずはpre keyを準備してください。もともと背景が消されている素材で、After Effectsでもつくれます。とはいえ初心者がいきなりつくるのは簡単ではありません。次の項目ではpre keyのダウウンロード方法と挿入方法をご紹介しますね。

【見出し】サイトによって種類はさまざま!pre keyのダウンロード方法!

Pre keyは基本的に購入するケースが多いですが、無料で配信されているサイトもあります。オススメはfootage createです。サイトにアクセスしたら、検索窓に「gun shot」と入力しましょう。すると銃を撃っているpre keyが見つかるはずです。好きなものを選びダウンロードしてください。ただし、無料のpre keyを使う際は、著作権など自己責任となるので注意が必要ですよ。次はpre keyの具体的な挿入方法をご紹介します。

【見出し】炎の位置まで簡単アレンジ!pre keyの挿入方法

Pre keyがダウンロードできたら、iMovieの中のクリップの上に挿入します。その際、サイズや位置がずれてしまうケースも少なくありません。解決するために、ツールバーのピクチャインピクチャを選択しましょう。炎の大きさと位置を合わせられます。初期設定ではディゾルブといったエフェクトが適用されていますが、銃乱射を再現する場合は出現までの秒数を0.5秒から0秒に変更してください。ディゾルブが解除できるはずです。最後は銃口とpre keyのアニメーションを合わせます。乱射時の炎の位置を変えたいときは、ケンバーズエフェクトで四角枠をだし、移動させましょう。乱射時の動きがよりスムーズになるはずですよ。

【見出し】pre keyを活用してクールな銃乱射を再現しよう

今回はiMovieで銃乱射エフェクトを作成する方法についてまとめました。pre keyを活用すれば、誰でも簡単に再現できます。エフェクトの種類はさまざまなので、お気に入りのpre keyを選ぶと良いですよ。ぜひこの記事を参考に、銃乱射のアニメーションを作ってみてくださいね。

-未分類

Top

© 2021 動画編集の株式会社GEKIRIN