fbpx

未分類

keynoteでイントロ&アウトロムービー制作するコツ

「Youtube動画のオープニングやエンディングの作り方が分からない」と頭を抱え、手が止まってしまう人は少なくありません。どうせなら映像の最初と最後は、クオリティの高いアニメーションにしたいですよね。そこでこの記事では「keynoteのイントロ&アルトロームービーを制作するコツ」をご紹介します。動画投稿をしている方は、再生数のアップにも繋がるかもしれません。ぜひ参考にしてみてください。

【見出し】再生回数にも影響大!イントロの作り方
イントロを作成するには、まず背景を設定しましょう。塗りつぶしの項目から好きな色を選んでください。クールな印象をもたせたい場合は「グラデーション塗りつぶし(詳細)」がオススメです。シンプルでありながらも、スタイリッシュな背景になります。次はロゴの挿入です。イントロに使いたい画像やイラストを、画面上にいれていきましょう。Youtubeで動画投稿をしている場合は、自分のチャンネルのロゴマークを挿入してください。挿入できたらサイズを調整して、影を入れていきましょう。映像に臨場感が生まれます。「ドロップシャドウ」「コンタクトシャドウ」「曲線シャドウ」から好きな影を選んでください。影がつけられたら、特殊効果をつけてみましょう。After Effectsのような仕上がりになるのでオススメです。最後は完成した画面をキャプチャしてiMovieに移動させます。サウンドエフェクトで音をいれたら出来上がりです。

【見出し】動画全体の締めとなる!アウトロの作り方
アウトロの作り方は、イントロと大きな違いはありません。背景をグラデーションで、好きな色に塗りつぶしましょう。できたら好きなイラストや画像を挿入します。YouTube用の動画を作成している場合は、SNSのロゴをダウンロードしていれるのがオススメです。チャンネル登録に繋がりますからね。あとは「チャンネル登録もよろしくお願いします」と文字をいれたら完成です。文字や画像にアニメーションをつけたい場合は、トランジションなどを活用してみてください。オブジェクトズームなどを選択すると、より立体的な映像が楽しめます。「次回のオススメ動画」をいれたい場合は、四角形の図を作成しましょう。動画を埋め込むので、サイズは16:9がオススメですよ。最後はiMovieに移動して、四角形のなかにピクチャで動画を入れたら出来上がりです。

【見出し】素敵なイントロとアウトロで動画のクオリティを高めましょう!
今回はYoutuber向けにイントロとアウトロの作るコツをご紹介しました。特にオープニングは視聴回数にも影響してくるので、ぜひこだわって作ってみてください。工夫をこらして動画制作を楽しみましょう。

-未分類

Top

© 2021 動画編集の株式会社GEKIRIN