動画制作コラム 動画広告

動画広告って本当に効果あるの?知っておきたいメリットデメリット

更新日:

動画広告って本当に効果あるの?知っておきたいメリットデメリット

動画広告によるマーケティングが増えている昨今、まだ動画マーケティングを導入していない企業の中では「動画広告って本当に効果があるの?」と思っている方も多いのではないでしょうか。
動画広告は良い効果もあれば、デメリットになり得る悪い効果も発生します。
今回は動画広告の効果についてお伝えします。

動画広告の効果ってどんなものがあるの?

動画を使った広告マーケティングには、視聴者側に情報をわかりやすく伝え、動画内で紹介している内容を認知させやすくする効果があります。
商品紹介の動画であれば、どのようにその商品が良いのか、どういうアピールポイントがあるのかなどを目で確認できるため購入するまでのハードルを下げることにも繋がります。
商品紹介であれば実際に使用している場面を見せたり、企業紹介であれば社員インタビューを見せたりとさまざまな場面で動画マーケティングは活躍し、文字や画像の広告よりも広告を掲載する目的にアプローチしやすくなる効果があります。

動画広告はSNS連携で拡散されやすい!

動画広告というものはYouTubeなどに掲載されることもある特徴柄、SNSで拡散される事が頻発します。
TwitterやInstagram、FacebookなどのSNSで広告が拡散されると、いわゆる「バズる」という大量に拡散される状況が発生するのも珍しくありません。

そのため、想定以上に多くの視聴回数を獲得し、予想以上の宣伝効果を引き起こすこともあり得ます。

「バズる」は大きなデメリットにも繋がる諸刃の剣

「バズる」状況になった場合、予想以上の宣伝効果が起きうるということをお伝えしました。
しかしその一方で「バズる」ことによって、マイナスの宣伝効果が発生してしまう可能性もあります。
具体的には、マイナスの意味に捉えられやすい動画内容が拡散される事によって本来の目的とは正反対の不名誉な宣伝効果が発生することなどが挙がります。
政治家の失言などがSNSで広がり政治家へのアンチ発言が増えるように、会社へのアンチ発言が増える恐れも同時に発生するのが、動画広告におけるもっとも大きなデメリットです。

まとめ

動画広告によって起こりうるプラスの効果とマイナスの効果をお伝えいたしました。
掲載する内容にさえ気を付け、丁寧に企画を練り動画を制作すればメリットに繋がりやすいものです。
導入する上では、プラスの効果とマイナスの効果を把握した上で、より魅力的にPRできるようにしましょう。

自社に最適な動画編集会社を選ぼう

言葉では伝わりづらいサービスや商材、自社の価値観といった部分を視覚や聴覚で訴えることができるのが、動画コンテンツ。
ただ撮影してつなぎ合わせただけで再生回数が上がる動画は滅多にないのが現実です。
きちんと効果が出る動画を作りたいなら、プロの力を借りるのが成功する近道と言えるでしょう。

動画編集のGEKIRINならご相談はいつでも無料!
株式会社GEKIRINなら、効果の出るYouTube動画を
業界最安値1本¥12,000〜で編集いたします。

無料相談はいつでも受付中。

まずは下記よりお気軽にご連絡ください。

-動画制作コラム, 動画広告

Top

Copyright© 動画編集の株式会社GEKIRIN , 2021 All Rights Reserved.