fbpx

動画制作コラム 動画広告

「広告を掲載する前に」知っておきたいTwitter広告の基礎をおさらい!

「広告を掲載する前に」知っておきたいTwitter広告の基礎をおさらい!

現在、Twitterは日本国内でのアクティブユーザー数が4500万人を抱えるSNSとなっています。
このことから、プライベートでの使用はもちろん、企業もブランディングやマーケティングに使用することが年々増えている傾向にあります。
今回はそんなTwitterにおける動画広告の特徴、長所、短所、動画広告制作に関するポイントについてを解説します。

 

Twitter動画広告の特徴2つ

Twitter動画広告の特徴の1つとして、ツイート内の動画が表示される前に表示されるということがあります。
6秒を超える動画に関しては6秒を経過した時点でスキップボタンが表示されます。
 
そのため、なるべくスキップされないよう>第一印象でユーザーを引き込む堂が構成にすることが重要です。
 
もう1つの特徴として、Twitterはターゲットとなるユーザーを細かく絞り込みやすいです。
 
年齢、性別、趣味嗜好など絞れる範囲内でなるべく細かく、ターゲットとなるユーザーを絞り込みましょう。
さまざまな分野のユーザーが存在するTwitterの特性上、特に趣味嗜好をしっかり絞ることが大事です。
 

Twitter動画広告の長所と短所

Twitter広告のメリットとしてあげられるのは、拡散力が高いということです。
 
リツイート機能の存在によって、ユーザーの目に留まった広告が爆発的に拡散される可能性があります。
そのため、制作の段階から拡散されやすい動画広告を作るのが重要です。
 
対して、Twitter広告のデメリットとしてあげられるのは、ユーザーに広告を敬遠される可能性が高い傾向にあることです。
Twitterは特に多くの情報が一度に画面に表示されるSNSなので、ユーザー側からすると不要な広告を視界に入れたくないという気持ちが働きやすくなります。
 
これらを踏まえて、ユーザーの負担となりにくい広告を作ることが大事です。
 

Twitter動画広告のポイント3選

成果につなげるために、Twitter動画広告を作成するためのポイントとしては、

  1. 「初めに見せ場を用意すること」
  2. 「多くのキーワードを用意すること」
  3. 「見やすい構成にすること」
初見のユーザー広告をスキップしないよう、6秒以内に見せ場や重要なメッセージを伝えましょう。
また、Twitterはコアな層にもリーチしやすいという特性があるので、なるべくたくさんかつ広範囲のキーワードを盛り込むようにしましょう。
Twitterの閲覧はスマートフォンからがほとんどなので、細かい映像よりは分かりやすい動画広告を心掛けるのがポイントです。この3つを心がけて動画広告の構成を作りましょう。
今回はTwitterにおける動画広告の特徴、長所、短所、動画広告制作に関するポイントについてお伝えしました。
低コストでも掲載できるTwitter広告をみなさんもぜひ、活用してみましょう。

 

自社に最適な動画編集会社を選ぼう

言葉では伝わりづらいサービスや商材、自社の価値観といった部分を視覚や聴覚で訴えることができるのが、動画コンテンツ。
ただ撮影してつなぎ合わせただけで再生回数が上がる動画は滅多にないのが現実です。
きちんと効果が出る動画を作りたいなら、プロの力を借りるのが成功する近道と言えるでしょう。

動画編集のGEKIRINならご相談はいつでも無料!
株式会社GEKIRINなら、効果の出るYouTube動画を
業界最安値1本¥12,000〜で編集いたします。

無料相談はいつでも受付中。

まずは下記よりお気軽にご連絡ください。

-動画制作コラム, 動画広告

Top

© 2021 動画編集の株式会社GEKIRIN