動画制作コラム 動画編集会社

2パターン別解説!動画編集を「外部に委託」する場合に知っておきたいことまとめ

更新日:

2パターン別解説!動画編集を「外部に委託」する場合に知っておきたいことまとめ

「今後動画を使ってマーケティングを進めていこう」と決めた場合、動画をどう制作していくかに高いハードルを感じる方も多いのではないでしょうか。
 
自分たちで動画編集をするとしても、時間やコストもかかる…。  
そんな悩みを解決する方法として挙がるのが「外注」です。 今回は動画編集を外部に委託する場合に知っておきたいことを2パターンに分けてご紹介します。

制作会社?それとも個人?

動画編集を外部に委託するという場合、制作会社に委託するか個人に委託するかで分かれます。
 
まず一度試しとして動画を制作したいという場合には個人に委託する方が気軽と言えます。個人に委託する場合には制作会社より低単価で動画制作を受注してもらえることも多いため、予算がそこまで多くないという場合に利用することもできます。
 
一方で、クオリティの高い動画をほぼ確実に制作してくれるのは制作会社です。
各YouTubeチャンネルの運営に携わっている制作会社も少なくないため、マーケティングを効率的に進めたいのであれば制作会社を選ぶのがおすすめです。

個人に動画編集を委託する場合

動画編集を委託する場合、もっとも気軽に依頼ができるツールとしては「クラウドソーシング」が挙がります。代表的なものとしてクラウドワークスやランサーズがあるクラウドソーシングでは、時給ないしは動画1本あたりの単価で発注することがほとんどです。
 
料金に関しては相手と相談の上で決まりますが、それでも制作会社より低コストで動画編集を依頼できます。目安としては時給であれば500円から、1本あたりであれば1500円からも依頼する事が可能です。
 
しかし、その一方で信頼できる相手かどうかを見極める必要も発生します。希望の納期までに納品されるか、どんな動画を制作してくれるかに不安を感じる可能性は高い傾向にあります。トラブル対策として、プロフィールや実績、見積り、業務の流れなどを把握しておくことが望ましいです。
 

制作会社に動画編集を委託する場合

安心して動画編集を依頼したいのであれば制作会社に委託するのが一番です。
 
制作会社によっては企画や撮影のサポートまで行ってくれるところもあります。また、個人と比べて専門性が高いため品質の高い動画を制作してくれます。予算に余裕があるのであれば制作会社に委託しましょう。
 
最低でも個人に委託する価格の倍額はかかりますが、その分YouTubeや広告に特化した動画を制作してくれるのが制作会社に委託するメリットです。 制作会社によっては1万前後で制作をおこなってくれる会社もありますが、その場合には条件付きである場合が多いため、制約の少ないプランでしっかりと動画を制作してくれる制作会社を選ぶのがおすすめです。10万前後などでプランを組んでくれる制作会社も多いため、さまざまな制作会社を比較してみましょう。

まとめ

動画編集を外部に委託する場合の2パターンに分けてご紹介しました。
個人に委託する場合のもっとも大きなメリットは「低コスト」という点です。
しかし一方で信頼性の面で不安になる可能性も捨てきれません。予算に余裕がある場合であれば、さまざまな動画編集を受注している経験豊富な制作会社に依頼することが動画マーケティングを成功させる近道であると言えます。  

自社に最適な動画編集会社を選ぼう

言葉では伝わりづらいサービスや商材、自社の価値観といった部分を視覚や聴覚で訴えることができるのが、動画コンテンツ。
ただ撮影してつなぎ合わせただけで再生回数が上がる動画は滅多にないのが現実です。
きちんと効果が出る動画を作りたいなら、プロの力を借りるのが成功する近道と言えるでしょう。

動画編集のGEKIRINならご相談はいつでも無料!
株式会社GEKIRINなら、効果の出るYouTube動画を
業界最安値1本¥12,000〜で編集いたします。

無料相談はいつでも受付中。

まずは下記よりお気軽にご連絡ください。

-動画制作コラム, 動画編集会社

Top

Copyright© 動画編集の株式会社GEKIRIN , 2021 All Rights Reserved.