fbpx

動画制作コラム 動画広告

BtoCマーケティングを動画で!BtoC動画の制作ポイント3選

BtoCマーケティングを動画で!BtoC動画の制作ポイント3選

消費者に向けた商品やサービスの宣伝、販売促進を行うBtoCマーケティングを、需要が高まっている動画媒体で行いたいと思う方は多いのではないでしょうか。
 
動画を有効的に活用すれば、BtoCマーケティングを行う上で効率的に消費者にアプローチすることができます。 今回は、BtoCマーケティングを動画で行う上で抑えておきたい、動画制作のポイントを3つお伝えします。
 

ユーザーに共感してもらいやすい内容

BtoCマーケティングの場合、消費者自身が本人の意思で商品やサービスが必要かどうかを判断します。
 
明確な利便性を伝える内容にするのも大切ですが、BtoCマーケティングの場合に必要なのは「興味」を持ってもらったり「共感」をしてもらったりすることです。
 
紹介するものに対して好意を抱きやすいよう、CGや実写映像、音楽やエフェクトを使い分けて視聴者の心に働きかける動画がBtoC動画では必要になります。


 

ペルソナを明確にする

BtoCマーケティングで大切なポイントとしても挙げられるのが、ユーザーのペルソナを明確にすることです。
どんな年齢層、性別、属性の人にサービスや商品を意識してもらいたいのかを明確にすることは動画の方針にも大きく影響します。
 
年齢層や性別、学生や社会人などの立場を明確にするのはもちろん、18歳以上のユーザーを想定するのであれば既婚なのか未婚なのか、家族構成はどうなのか、どういう悩みを抱えているのか、どんな地域に住んでいるのかなど、細かくユーザーを分析しましょう。
 
これらを分析してペルソナが明確になると、動画で使うエフェクトやカラー、採用する雰囲気なども自ずと決まってきます。
動画でよりユーザーに直接的なアプローチをするためにも、ペルソナを明確にすることは大切です。

最後まで見てもらいやすい構成

BtoCマーケティングを動画で行う場合、もっとも重要なのは「最後まで見てもらうこと」です。
途中までしか見ない状態で購入や契約に至るケースは少なく、ユーザーは最後まで動画を見た上でサービスを選ぶか否かを決断します。
 
途中までしか見られない内容ではユーザーの選択肢に上がることも難しくなるため、インパクトやストーリーのある動画構成にすることでユーザーの心をひきつけることが求められます。
 
ユーザーの記憶に残りやすい印象的なストーリーにしたり、動画内でもっとも伝えたいことを最初の段階で出すなど、動画によってさまざまな構成が考えられます。
ユーザーの心を掴むのはもちろん、飽きさせない工夫を拵えるのも大切です。算や制作期間に余裕がある際にはインタラティクブ動画を導入するのも案として挙がります。

まとめ

BtoCマーケティングを動画で行う上で抑えておきたい、動画制作のポイントを3つお伝えしました。
BtoCマーケティングを動画で行う際にはユーザー目線で共感しやすく、最後まで見てもよいと思える動画を制作することが重要です。
 
このような動画を制作するためにも、ペルソナはしっかりと分析して明確にすることが求められます。質の高い動画を作り、BtoCマーケティングをより効率的に行いましょう!

 

自社に最適な動画編集会社を選ぼう

言葉では伝わりづらいサービスや商材、自社の価値観といった部分を視覚や聴覚で訴えることができるのが、動画コンテンツ。
ただ撮影してつなぎ合わせただけで再生回数が上がる動画は滅多にないのが現実です。
きちんと効果が出る動画を作りたいなら、プロの力を借りるのが成功する近道と言えるでしょう。

動画編集のGEKIRINならご相談はいつでも無料!
株式会社GEKIRINなら、効果の出るYouTube動画を
業界最安値1本¥12,000〜で編集いたします。

無料相談はいつでも受付中。

まずは下記よりお気軽にご連絡ください。

-動画制作コラム, 動画広告

Top

© 2021 動画編集の株式会社GEKIRIN