fbpx

動画制作コラム 動画広告

Instagramで動画広告を打ち出すメリットとは?5分でわかるInstagramの特徴

Instagramで動画広告を打ち出すメリットとは?5分でわかるInstagramの特徴

Instagramで広告を出したいものの、イマイチ広告を打ち出すメリットが分からないという企業も少なくありません。
また、Instagram特有の広告の特徴を理解しないと広告を作ることすらできないという障害があります。
 
今回はInstagramで動画広告を打ち出すメリットや、その特徴をご紹介します。

インストリーム広告によって、幅広い層のユーザーに届く

インストリーム広告とは、ユーザー自身がスキップすることができる広告のことです。
 
「誰にも興味を持ってもらえないのでは?」と思うかもしれませんが、Instagramの場合は元々ユーザーが興味を持っている情報に沿って広告を流します。
そのため、企業側が出した広告がユーザーの目に触れた時、多くの場合が「気になるな」と思わせる内容になります。
 
もちろん、その中でもクオリティの高い動画や、目を惹く広告であればよりコンバージョンの効果が期待できます。
静止画は製作コストがあまりかかりませんが、動画広告の方がコストはかかる分視覚・聴覚への訴求力が高いのも魅力の1つですね。

消費意欲の高いスマートフォン世代の若年層が中心

Instagramの利用層は10~30代の男女が過半数を占めています。
つまり、消費意欲の高いユーザーが多いということですから、コンバージョンを狙いやすいアプリケーションとも言えます。
 
ストーリーや投稿を眺めている間に挟まる広告や、サーチ画面に現れる広告なども、インパクトのあるものであればユーザーは興味を示しますし、そのままURLをクリックしてくれる可能性が高くなります。
また、最近の若年層はテレビよりもスマートフォンから情報を収集する傾向にあります。
そのため、テレビCMなどで動画広告を打ち出すよりも、Instagramをはじめとしたアプリケーションで動画広告を出したほうがより効果を得られるでしょう。

動画コンテンツを視聴する人間は増加傾向に

スマートフォンが普及したことにより、動画コンテンツを容易に視聴できる時代になりました。
そのため、動画広告を抵抗感なく視聴するユーザーが年々増加傾向にあります。
また、Instagramは先ほども述べたように消費意欲の高い若年層のユーザーが多いです。 つまりInstagramを「モノを買う」目的で利用しているということになります。
動画広告からコンバージョンする確率が他のアプリケーションよりも高くなると推測できます。
 
スマートフォンの普及率は今後も減ることは無いでしょう。 つまり、動画コンテンツや動画広告を視聴するユーザーが減ることもありません。釣り堀に糸を垂らすように、Instagramに動画広告を打ち出すのは大きなメリットがあると言えます。

まとめ

Instagramで動画広告を出すメリットを3点ご紹介しました。
インストリーム広告によって、様々なユーザーからアプローチがくるかもしれません。
 
また、消費意欲の高い若年層が中心となってInstagramを利用しているため、コンバージョンを見込むことができます。
動画コンテンツの視聴率が年々増加していることから、Instagramに動画広告を打ち出すには今がチャンスと言えます。

自社に最適な動画編集会社を選ぼう

言葉では伝わりづらいサービスや商材、自社の価値観といった部分を視覚や聴覚で訴えることができるのが、動画コンテンツ。
ただ撮影してつなぎ合わせただけで再生回数が上がる動画は滅多にないのが現実です。
きちんと効果が出る動画を作りたいなら、プロの力を借りるのが成功する近道と言えるでしょう。

動画編集のGEKIRINならご相談はいつでも無料!
株式会社GEKIRINなら、効果の出るYouTube動画を
<span class="ymarker-s"><span class="hutoaka">業界最安値1本¥12,000〜</span></span>で編集いたします。

無料相談はいつでも受付中。

まずは下記よりお気軽にご連絡ください。

-動画制作コラム, 動画広告

Top

© 2021 動画編集の株式会社GEKIRIN