fbpx

動画制作コラム 動画広告

SNSで動画を用いたマーケティングの簡単3ステップ

SNSで動画を用いたマーケティングの簡単3ステップ

動画を用いたマーケティングをしたいという企業は年々増加傾向にあります。
しかし、一体動画広告にどのような効果があるか分からないという人も少なくありません。
 
今回はSNSで動画を用いたマーケティングをする際の3ステップをご紹介した上で、動画広告がどのような効果を発揮するかご説明します。

1 動画広告の目的を決める

マーケティングの目的を明確にすることにより、動画広告はよりその効果を強く発揮します。
 
動画広告はさまざまな目的別にその動画の方向性が別れます。今回は主な4種類の動画をご紹介します。

・ユーザーにブランドイメージを伝える「ブランディング」
・自社の商品を紹介する「商品・サービス紹介」
・話題性を持たせる「プロモーション」
・自社の設備などを紹介する「会社紹介」
 
動画マーケティングの担当者が動画を通して何を伝えたいかは、この4つの目的から決定することが可能です。
目的が明確化すると動画の方向性も定まり、より具体的な内容を練られます。

2 利用するユーザーの層を定める

目的を明確にした上で、次に必要なのは「だれ」に対して動画マーケティングを行うかです。
 
全ての動画広告において抑えておきたいのは、ユーザーが何を求めているかを把握することです。「だれ」に対して情報や商品を伝えたいのかといったことを考えずに動画マーケティングを行えば、本来の広告効果は得られず、ただコストがかさむだけになってしまいます。
 
SNSはそれぞれ利用するユーザー層が異なります。
例えばInstagramでは、10~30代の男女が中心に利用しており、多くのユーザーが消費意欲を持って情報を検索しています。一方Facebookでは20~40代の男女が利用しており、若年層が離れつつあります。
 
そのため、若者に向けた広告は打ち出しにくいと言えるでしょう。
では続いて、「目的」を「だれ」に伝えるか設定した動画を使用してマーケティングを行ってみます。
 

3 動画マーケティングを行う

「目的」を「だれ」に伝えるか設定したら、実際に動画を使用してマーケティングを行います。
動画というものはその特徴として、あいまいな表現を視覚や聴覚に訴えかけることができます。
 
もちろんその分コストはかかります。しかし、「目的」と「だれ」に伝えるかを明確にした動画マーケティングであれば、かかったコスト以上の効果を発揮する可能性が高いです。
 
また、目的に沿って動画編集を外注する制作会社を決定するのもポイントです。制作会社にもそれぞれ得意不得意があるため、あなたの目的に見合った動画を製作してくれる制作会社を選びましょう。
 
場合によっては、中には思ったような効果を得られない場合もあります。
その際は様々な動画を作成し、どのような伝え方がユーザーにリーチするか研究することも大切です。

まとめ

動画を用いたマーケティングを3ステップでご紹介しました。
 
動画を用いたマーケティングでは、動画広告の目的を4つの中から定めること、そして、利用するユーザーの層を把握し、的確に伝えることが大切であるという点を意識することが大切です。
 
「目的」と「だれ」に伝えるかを明確にし、SNSを用いた動画マーケティングで効果を発揮しましょう!
 

 

自社に最適な動画編集会社を選ぼう

言葉では伝わりづらいサービスや商材、自社の価値観といった部分を視覚や聴覚で訴えることができるのが、動画コンテンツ。
 
ただ撮影してつなぎ合わせただけで再生回数が上がる動画は滅多にないのが現実です。
きちんと効果が出る動画を作りたいなら、プロの力を借りるのが成功する近道と言えるでしょう。

動画編集のGEKIRINならご相談はいつでも無料!
株式会社GEKIRINなら、効果の出るYouTube動画を
業界最安値1本¥12,000〜で編集いたします。

無料相談はいつでも受付中。

まずは下記よりお気軽にご連絡ください。

-動画制作コラム, 動画広告

Top

© 2021 動画編集の株式会社GEKIRIN