動画制作コラム 動画広告

YouTubeで広告を出す時に「必ず」抑えておきたいポイント3選!

更新日:

YouTubeで広告を出す時に「必ず」抑えておきたいポイント3選!

近年、動画による広告が重要性を増してきています。
その中でも世界一巨大な動画プラットフォームと言えるのがYouTubeです。
全世界で20億人以上が利用しているYouTubeで広告を出す上で抑えておきたいポイントを今回は3点ご紹介します。

「誰に?」「何のために?」をはっきりさせる

YouTubeはテレビ番組や交通広告と違い、投稿する動画によって想定ターゲットをとても細かく設定できます。
ユーザー性別、年齢、家族構成、職業、年収、趣味嗜好などと幅広く設定をすることができるため、なるべくターゲットを小さなカテゴリまで絞り込みましょう。
このことにより、広告で想定するユーザー層に近いターゲットに動画を見てもらいやすくなります。
また、YouTubeにおける広告の目的も様々です。紹介するものの認知を広げることが主な目的なのか、または商品やサービスへの問い合わせまで引き付けるのが目的なのか。
はたまた、商品を購入したりサービスを利用してもらったりすることが目的なのかと、目的によって作る動画の内容、構成も大きく異なります。
どんなユーザーのへの動画なのか、何のための動画なのかを可能な限りはっきりさせましょう。

SNSシェアで広告効果を膨張させる

動画広告の大きな特徴としてあげられるのが、動画を見た視聴者が様々なSNSでシェアすることができるという点です。
動画広告を視聴者によってシェアしてもらうことによって、直接見たユーザーの何倍もの人にアプローチすることができます。
これによって、1つの動画広告であっても、YouTubeに掲載している動画広告単体の何倍もの効果が得られます。そのため、SNSでシェアされやすい動画を作ることも重要な広告戦略の1つです。
特に商品レビュー動画は注目を集めやすい傾向にあります。 予算の都合などで可能であれば、人気YouTuberなどとコラボして商品レビュー動画を作ると、よりSNSでシェアされやすい動画となります。

動画における構成を意識する

多くの人に動画をみてもらうための基礎として抑えたいのが、動画の構成を意識することです。
動画は最初の8秒間で注目させることが重要です。最初が一番動画からユーザーが離脱しやすいため、ここで視聴者の興味を惹く必要があります。
その上で、ユーザーにとってわかりやすい内容にしましょう。難解な内容にはせず、メッセージ性の強い動画を作ることがコンバージョンに繋がりやすい傾向にあります。
また、動画広告は30秒から1分ぐらいの動画にしましょう。長すぎる動画広告はメッセージが伝わりにくく視聴者側も最後まで見ようとしないことがほとんどであるため、適切な尺の動画広告にすることもポイントとして抑えておきましょう。


今回はYouTubeにおける広告のポイントを3点ご紹介しました。
動画広告でリーチしたいターゲットと目的をはっきりさせ、構成のポイントを意識して動画を作り、シェアされやすい動画を目指しましょう。

自社に最適な動画編集会社を選ぼう

言葉では伝わりづらいサービスや商材、自社の価値観といった部分を視覚や聴覚で訴えることができるのが、動画コンテンツ。
ただ撮影してつなぎ合わせただけで再生回数が上がる動画は滅多にないのが現実です。
きちんと効果が出る動画を作りたいなら、プロの力を借りるのが成功する近道と言えるでしょう。

動画編集のGEKIRINならご相談はいつでも無料!
株式会社GEKIRINなら、効果の出るYouTube動画を
業界最安値1本¥12,000〜で編集いたします。

無料相談はいつでも受付中。

まずは下記よりお気軽にご連絡ください。

-動画制作コラム, 動画広告

Top

Copyright© 動画編集の株式会社GEKIRIN , 2021 All Rights Reserved.