YouTube動画 動画制作コラム

YouTubeの検索上位に乗るためには?最低限抑えたい2つのポイント

投稿日:

YouTubeの検索上位に乗るためには?最低限抑えたい2つのポイント

せっかく動画を作ったのであれば、多くの人の目に触れて欲しい。そう思うのは当然です。
 
しかし、動画単体でYouTubeでの検索上位に上がるためには、どうしたらいいのかわからないという方も多いのではないでしょうか。
 
今回は動画を検YouTubeの検索上位に載せるために知っておきたい、VSEOの基礎についてお伝えします。

1.タイトルやタグ、ディスクリプションなどの文字を重要視

YouTubeのメインは動画ですが、その動画にユーザーをひきつけるためには文字媒体が不可欠です。
 
タイトルやタグ、ディスクリプションなどのどんな動画内容なのかを説明する要素には、多くの人が検索するであろうキーワードを入れるのがポイントです。
今ではキーワードプランナーと呼ばれる、検索されやすいキーワードを選定してくれるツールが多数存在しています。
 
主観的な判断ではなく、AIなどによって分析された客観的なデータに基づいてキーワードを選定することがユーザーをひきつける上で大切な要素となります。
 

2.魅力的なサムネイルを作成する

検索上位に上がるためには、多くのユーザーに動画を閲覧してもらう必要があります。
とはいえ、ユーザーは検索した中からランダムに動画を閲覧するわけではありません。
 
タイトルはもちろん、動画について記載されているサムネイルを見た上でその動画を見るかどうかを判断します。
とはいえ、ユーザーが見やすいサムネイルというだけではひきつける魅力としては不足してるため、特徴的かつ内容がわかりやすいサムネイルを設定する必要があります。
 
YouTuberなどのサムネイルでは本人の画像をキャプチャしてサムネイルに導入するなどの傾向が見られることから、写真を挿入したサムネイルもユーザーをひきつけやすいということができます。

3.動画を載せただけではSEO効果はない

単純に動画をYouTubeに投稿しただけでは、検索上位に掲載されるのは困難です。
 
YouTubeはSEOの基準を定めているGoogleが運営しているということもあり、検索上位には「ユーザーが検索したワードに関連している動画」を優先的に掲載します。
そのため、タイトルやディスクリプション、サムネイルを設定した上で検索上位に上がらない場合にはYouTubeアナリティクスを活用しましょう。
 
YouTubeは公式で「総再生時間」を意味のある指標であると表明しているため、総再生時間をはじめとした平均視聴時間や視聴者維持率がどのような状態かを見た上でPDCAを回し改善していきましょう。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

まとめ

YouTubeで検索上位に上がるためのポイントをお伝えしました。
 
タイトルやタグ、ディスクリプションを主観的に記載していたという方は意外と多いのではないでしょうか。
サムネイルには注力するものの、文字には注力しないというのは検索上位に上がらない動画に見られる特徴です。
 
これらを改善した上でも検索上位に上がらない場合にはYouTubeアナリティクスを活用し、より長く見られるための工夫をしていきましょう。

自社に最適な動画編集会社を選ぼう

言葉では伝わりづらいサービスや商材、自社の価値観といった部分を視覚や聴覚で訴えることができるのが、動画コンテンツ。
 
ただ撮影してつなぎ合わせただけで再生回数が上がる動画は滅多にないのが現実です。
きちんと効果が出る動画を作りたいなら、プロの力を借りるのが成功する近道と言えるでしょう。

動画編集のGEKIRINならご相談はいつでも無料!
株式会社GEKIRINなら、効果の出るYouTube動画を
業界最安値1本¥12,000〜で編集いたします。

無料相談はいつでも受付中。

まずは下記よりお気軽にご連絡ください。

-YouTube動画, 動画制作コラム

Top

Copyright© 動画編集の株式会社GEKIRIN , 2021 All Rights Reserved.