fbpx

動画制作コラム 動画広告

YouTubeを利用するユーザーの年齢層を徹底解析!

YouTubeを利用するユーザーの年齢層を徹底解析!

動画広告を作成する際、配信媒体をどれにするか悩む企業も多いのではないでしょうか。
せっかく素敵な広告が完成しても、リーチするユーザーが異なっていてはなかなか思った効果を発揮することはできません。
 
今回はYouTubeの利用ユーザーの年齢層を分析し、その上でYouTubeを活用した動画マーケティングのメリットとデメリットをご紹介します。

YouTubeの利用層は幅広く、主は30~50代の男女

YouTubeのアクティブユーザーは月に6,200万人以上とされており、幅広い年齢のユーザーが利用しています。
 
その中でも30~50代の男女が特に中心となって利用しているため、中年層に向けた動画広告を打ち出すのがベストと言うことができます。一方で、利用率の割合が78.0%と高かったのが10代のユーザーです。
 
約8割の10代がYouTubeを利用していることになります。10代のユーザーは様々なSNSを利用している割合も高く、TikTokなどのアプリから流行を発信しています。
 
これらを踏まえると。若年層への動画マーケティングも十分効果を発揮する可能性が高いです。
つまり、YouTubeは様々な年齢層のユーザーにアプローチができる動画配信媒体であるということが分かります。

動画配信を目的とするSNSのため、動画広告を出すのに最適

YouTubeで動画マーケティングを行うメリットとして、動画広告を打ち出しやすいという点が挙げられます。
 
SNS内ではインストリーム広告であるため、動画を視聴するユーザーほぼ全員に閲覧してもらうことが可能です。
広告の途中でスキップされてしまうこともありますが、ユーザーにとって有用であると判断された広告であればそのまま最後まで視聴するユーザーも少なくありません。
 
また、Instagramなどの他のSNSと違い、動画を視聴する際ユーザーは音声も聞いています。そのため、YouTubeは視覚・聴覚に訴えかける動画広告がより効果を発揮するSNSと言っても過言ではありません。
 
一方で、動画広告はユーザーが本来視聴したい動画配信を邪魔しているのも事実です。
そのため、動画広告自体によって不快感を与えてしまい、広告が出るたびに内容が何であろうとスキップをするユーザーも少なくありません。
 
また、コンバージョン率も低く、実際にWebサイトへアクセスするユーザーは他のSNSに比べて少ない傾向にあります。
そして、多くのユーザーに広告をアピールできる分「あの時の広告の会社か」とマイナスイメージを与えてしまう可能性が高くなります。
 
できる限りユーザーにストレスを与えないよう、プレロール広告のみに設定し、15秒程度の短時間の広告、もしくは5秒視聴したらスキップできるようにすることをオススメします。

まとめ

YouTubeを利用するユーザーの年齢層についてご紹介しました。
 
幅広い利用層の中でも、30~50代の男女が中心となって利用しており、使用率の割合が高いのが10代の男女であることが分かりました。
 
YouTubeを使った動画マーケティングのメリットとデメリットを理解し、広告の目的に合ったユーザーに不快感を与えにくい動画マーケティングを行いましょう。

自社に最適な動画編集会社を選ぼう

言葉では伝わりづらいサービスや商材、自社の価値観といった部分を視覚や聴覚で訴えることができるのが、動画コンテンツ。
 
ただ撮影してつなぎ合わせただけで再生回数が上がる動画は滅多にないのが現実です。
きちんと効果が出る動画を作りたいなら、プロの力を借りるのが成功する近道と言えるでしょう。

動画編集のGEKIRINならご相談はいつでも無料!
株式会社GEKIRINなら、効果の出るYouTube動画を
業界最安値1本¥12,000〜で編集いたします。

無料相談はいつでも受付中。

まずは下記よりお気軽にご連絡ください。

-動画制作コラム, 動画広告

Top

© 2021 動画編集の株式会社GEKIRIN