fbpx

動画制作コラム 動画広告

どう活用すればいい?動画プロモーションの活用方法3選!

どう活用すればいい?動画プロモーションの活用方法3選!

SNSを利用するユーザーが増えている昨今、動画プロモーションを行う企業が増えています。
しかし、わざわざ動画で何をプロモーションすればよいのか分からないという方もいるのではないでしょうか。
 
今回は、実用的な動画プロモーションの活用方法を3つご紹介します。

企業ブランディングへの活用

動画は静止画と比較して視覚・聴覚への訴求力が高く、ユーザーが情報を記憶しやすいと言われています。
 
そのため、企業ブランディングに活用することで、ユーザーにより良いイメージを持ってもらうことが可能です。
商品やサービスが良くても、何を理念としているのか分からない企業は信頼しにくく、ユーザーから敬遠されてしまいます。
 
そのため、ブランディングを通して自社の理念や目的を示し、ユーザーに共感してもらうことで、コンバージョンの発生を促せるのです。
 
多くの企業が動画プロモーションを通じてブランディングを行っているため、目を惹く動画を制作することでさらなる効果が期待できます。

普及動画への活用

動画でプロモーションすることでユーザーが理解しやすい形で情報を伝えることができます。
 
一方で、物事の重要性や事実を伝えることが目的となるため、動画を制作する際には情報の精査をしなければなりません。
指導者や専門家の意見を分かりやすくまとめるのは難しいですが、記事に比べて動画の方が飛躍的に理解度を深めることができます。
 
また、より普及したい内容を理解してもらうためにも、ユーザーの選別は行わず、老若男女に受け入れられやすいCGやアニメーション・イラストなどを積極的に取り入れることをオススメします。
 

潜在顧客へリーチするために活用

以前までは動画と言えばYouTubeなどが主流でしたが、近年ではHuluといった動画配信サービスや、TikTokといった一般のユーザーが簡単に動画を投稿できるサービスなど、コンテンツに広がりを見せています。
 
そういった点からも、動画を用いたプロモーションは有用であると言えるのです。
また、それだけ動画配信サービスが台頭したのはスマートフォンが普及したことも大きな要因となっています。
 
気軽にSNSに触れられる現代では、ユーザーひとりひとりの拡散力も大きく、潜在顧客へリーチするのも容易です。
「何」を伝えたいのか、「誰」に伝えたいのかを明確にし、インパクトのある動画づくりを行うことがポイントです。
 

まとめ

動画プロモーションの活用方法についてご紹介しました。
 
企業ブランディングへ活用することでコンバージョンの発生を見込めることが分かりました。
また、啓蒙を目的としたプロモーションにも活用でき、潜在顧客へのリーチも見込める可能性が高いです。
 
素敵な動画を制作して、他の企業に負けないプロモーションを行いましょう。

自社に最適な動画編集会社を選ぼう

言葉では伝わりづらいサービスや商材、自社の価値観といった部分を視覚や聴覚で訴えることができるのが、動画コンテンツ。
 
ただ撮影してつなぎ合わせただけで再生回数が上がる動画は滅多にないのが現実です。
きちんと効果が出る動画を作りたいなら、プロの力を借りるのが成功する近道と言えるでしょう。

動画編集のGEKIRINならご相談はいつでも無料!
株式会社GEKIRINなら、効果の出るYouTube動画を
業界最安値1本¥12,000〜で編集いたします。

無料相談はいつでも受付中。

まずは下記よりお気軽にご連絡ください。

-動画制作コラム, 動画広告

Top

© 2021 動画編集の株式会社GEKIRIN