YouTube 動画制作コラム

マーケティングに動画を用いた際の活用方法3選

投稿日:

マーケティングに動画を用いた際の活用方法3選

マーケティングを行う際に動画を用いた「動画マーケティング」が増えている昨今、その活用方法について知りたいという企業も多いです。
 
今回は、動画マーケティングの活用方法についてご紹介します。

商品・サービスの「使用感」を伝える

ユーザーが企業に求める情報は様々ですが、その中に「商品・サービスの使用感」というものがあります。
 
企業の商品・サービスを利用するにあたって、レビューなどを参考にするのも良いですが、やはりより詳細な情報を求めるユーザーが多いです。
動画は静止画に比べて視覚・聴覚への訴求力が高く、静止画では伝えづらい曖昧な表現も動画ならユーザーに分かりやすく伝えることができます。
 
そのため、商品・サービスの使用感と言ったユーザーが求めている情報を伝えるのに適していると言えます。
使用感を伝えることで、ユーザーは企業に対して親しみを覚えるようになり、ブランドイメージの向上にもつなげることが可能です。
 

スマホ世代への拡散を期待

今やスマートフォンは若年層の物ではなく、様々な年代の方が利用するようになりました。
 
そのため、家だけでなく様々なタイミングで動画を視聴するユーザーも年々増加傾向にあります。
つまり、動画マーケティングを行うなら今がチャンスと言うことができます。
 
SNSにもよりますが、多くの場合は各SNSへの拡散機能がついています。そのため、ユーザーが動画広告を気に入れば、他のユーザーが閲覧できるように拡散してくれます。
 
そうして新たな潜在顧客へリーチすることで、新たなコンバージョンの発生を期待することが可能です。
拡散されるような動画マーケティングを行い、新規顧客を開拓していきましょう。

ビジュアルを用いて海外マーケットへ売り出せる

静止画の広告の場合、伝えられる情報量が少ないため、必然的に文字を多用することになります。
 
つまり、どれだけ見やすい静止画広告を作成したとしても、日本語を理解できるユーザー以外には内容が伝わらず、顧客を逃してしまう可能性が高いです。
一方で動画広告の場合、先ほどもお伝えしたように曖昧な情報をユーザーに伝えることができるため、やり方によっては文字やナレーションを使用しなくても素敵な動画広告を制作することができます。
 
それによって、日本語が分からないユーザーでも動画を楽しむことが可能になり、国内だけでなく海外マーケットへ商品・サービスを売り出すこともできるようになります。
 

まとめ

動画を用いたマーケティングの活用方法についてご紹介しました。
商品・サービスの使用感を伝えることでユーザーに親近感を与えることが分かりました。
 
また、拡散機能を活用することで、新たなユーザーにリーチし、コンバージョンの発生も見込めます。
海外マーケットへ売り出すために動画に一工夫加えることもポイントです。  

動画の活用方法を把握し、効率的にマーケティングを行いましょう。

自社に最適な動画編集会社を選ぼう

言葉では伝わりづらいサービスや商材、自社の価値観といった部分を視覚や聴覚で訴えることができるのが、動画コンテンツ。
 
ただ撮影してつなぎ合わせただけで再生回数が上がる動画は滅多にないのが現実です。
きちんと効果が出る動画を作りたいなら、プロの力を借りるのが成功する近道と言えるでしょう。

動画編集のGEKIRINならご相談はいつでも無料!
株式会社GEKIRINなら、効果の出るYouTube動画を
業界最安値1本¥12,000〜で編集いたします。

無料相談はいつでも受付中。

まずは下記よりお気軽にご連絡ください。

-YouTube, 動画制作コラム

Top

Copyright© 動画編集の株式会社GEKIRIN , 2021 All Rights Reserved.