fbpx

YouTube 動画制作コラム

企業向け!YouTubeチャンネルの活用方法3選

企業向け!YouTubeチャンネルの活用方法3選

最近、個人ではなく企業自体がYouTubeチャンネルを作成する事例が増えています。  
新たな市場としてぜひ活用したい!と考えている企業も多いのではないでしょうか。
 
今回は企業向けのYouTubeチャンネルの活用方法をご紹介します。

商品・サービス購入のためのマーケティングに活用

文章が主体となる記事や動画広告でも商品やサービスの紹介をすることができますが、YouTubeチャンネルではさらにユーザーに寄り添った紹介が可能です。
 
本来、動画は静止画に比べ視覚・聴覚への訴求力が高いため、ユーザーも商品やサービスの詳細を具体的に把握することができます。
さらに、YouTubeチャンネルは「使用感を知りたい!」というユーザーが視聴することが多いため、動画広告では紹介しきれなかった部分を丁寧に伝えることで、コンバージョンの発生に繋がりやすくなります。
 
YouTubeに掲載する動画は広告と違い、ユーザーが自主的にチャンネルの動画を視聴してくれるため、ユーザーが何を動画に求めているかをより把握する必要があります。
 

より身近に感じてもらうためのブランディングに活用

YouTubeを利用するユーザーにとって、YouTubeチャンネルを立ち上げて活発に活動している企業は、親しみを持って持ちやすいです。
 
その感情を増幅させるためにも、チャンネルを活用してブランディングを行うことをオススメします。  
商品やサービスを紹介するのも良いですが、企業の理念や目的をユーザーに伝えることで、どのようなユーザー層を想定しているのかが具体的になり、新たなユーザーの獲得にもつながります。
 
バンパー広告でブランディングを行うのも効果がありますが、わざわざYouTubeチャンネルを見に来てくれたユーザーにこそブランドイメージを伝えることが重要です。

新たなユーザーへの二次拡散に期待

YouTubeには様々な目的を持ったユーザーがおり、スマートフォンが普及したことによって、若年層から中年層まで幅広い年齢のユーザーが数多く利用するようになりました。
 
そのため、YouTubeチャンネルを設立するだけでも、十分知名度アップにはつながるのといえるのです。  
それだけではなく、関連動画機能を利用することで、別の動画を見ていたユーザーが視聴してくれる可能性があります。
また、複数のSNSを利用しているユーザーが多いため、「面白い!」と思ってもらえる動画づくりができれば、別のSNSで拡散してもらえます。
 
拡散されることによって新規のユーザーの獲得につながることもあるため、常に手を抜かない動画づくりを心がけましょう。
 

まとめ

企業によるYouTubeチャンネルの活用方法についてご紹介しました。
 
商品やサービス購入のためのマーケティングに活用できるとともに、ブランディングにも利用できることが分かりました。また、ユーザーが拡散することによって新たなユーザーを獲得できることもあります。
 
ぜひ、YouTubeチャンネルを活用してマーケティングを行いましょう。

自社に最適な動画編集会社を選ぼう

言葉では伝わりづらいサービスや商材、自社の価値観といった部分を視覚や聴覚で訴えることができるのが、動画コンテンツ。
 
ただ撮影してつなぎ合わせただけで再生回数が上がる動画は滅多にないのが現実です。
きちんと効果が出る動画を作りたいなら、プロの力を借りるのが成功する近道と言えるでしょう。

動画編集のGEKIRINならご相談はいつでも無料!
株式会社GEKIRINなら、効果の出るYouTube動画を
業界最安値1本¥12,000〜で編集いたします。

無料相談はいつでも受付中。

まずは下記よりお気軽にご連絡ください。

-YouTube, 動画制作コラム

Top

© 2021 動画編集の株式会社GEKIRIN