動画制作コラム 動画広告

効果的にYouTube広告を打つために必要な分析のポイントとは?

投稿日:

効果的にYouTube広告を打つために必要な分析のポイントとは?

YouTubeに出した広告の結果を分析するためには、実は複雑な外部ツールなどは必要ありません。
YouTube内の機能である「レポート」から様々な指標を分析することができます。
 
そこで、広告を打った際にまずチェックして頂きたいポイントをご紹介致します。



1マーケティングは怖くない!広告の分析とは

YouTubeでまず手軽に始められるマーケティングとして、広告を打つことが挙げられます。
 
アップロードした動画を多くのユーザーに見てもらうことができるものです。
現在のYouTubeの広告は広告を見てもらえた回数分の広告料が発生する形が一般的です。
この場合、ターゲットとなるユーザーではない層にも表示されるの分はもったいないです。
 
そこで、きちんとしたマーケティングが重要になってきます。
マーケティングと聞くと専門家がやるような難しいことのように感じますが、YouTubeのマーケティングは誰でも簡単に分析の指標が確認できるようなシステムになっています。

2主な広告の分析に役立つ指標

YouTubeの広告分析に役立つ、主な指標のポイントをまとめました。

表示回数・・・広告が潜在顧客に表示された回数です。

視聴回数・・・動画を30秒以上視聴、又は広告をクリックした回数の合計です。

視聴率・・・広告が配信された際、広告を視聴したユーザーの割合です。ターゲットユーザーが適切かどうかなどを把握するのに最適です。

クリック率・・・広告の表示回数(インプレッション)に対して、動画広告がクリックされた割合です。

コンバージョン数・・・広告を目にしたユーザーが、広告に乗せたサイトで商品購入(コンバーション)をした数です。

動画視聴後のチャンネル登録数・・・広告の動画を視聴したあとに自社のYouTubeチャンネルを登録したユーザー数を表します。

3分析結果を生かして次に役立てる

動画の広告を分析するということは、自分の動画がどのユーザー層に人気があるのか、潜在的な魅力を理解することなどに役立ちます。
 
これは、次に作る動画のヒントが生み出されることになります。
 
PDCAサイクルという言葉をご存じでしょうか。
Plan(計画)Do(実行)Check(評価)Act(改善)の頭文字を取った言葉で、ビジネスでは基本となる手順です。
 
広告を分析することは、Check(評価)を自ら実行できる近道です。
マーケティングはすぐに結果をだすのは難しく、時には長期戦になります。 広告の結果を分析し改善することの繰り返しで、視聴者の増加を見込むとともに、次の広告への戦略を立てることができます。
 
PDCAを活用してより効果的な広告を打ち出してみましょう。

まとめ

広告を打てば打つだけたくさんの視聴者を獲得できるとは限りません。
広告を打った結果を分析すると、次に同じような広告を打つ際により効果を発揮できるようになるのです。
より効果的な広告を出すためにも、表示回数や視聴率、クリック率などを調査してより魅力的な広告を目指しましょう。

自社に最適な動画編集会社を選ぼう

言葉では伝わりづらいサービスや商材、自社の価値観といった部分を視覚や聴覚で訴えることができるのが、動画コンテンツ。
 
ただ撮影してつなぎ合わせただけで再生回数が上がる動画は滅多にないのが現実です。
きちんと効果が出る動画を作りたいなら、プロの力を借りるのが成功する近道と言えるでしょう。

動画編集のGEKIRINならご相談はいつでも無料!
株式会社GEKIRINなら、効果の出るYouTube動画を
業界最安値1本¥12,000〜で編集いたします。

無料相談はいつでも受付中。

まずは下記よりお気軽にご連絡ください。

-動画制作コラム, 動画広告

Top

Copyright© 動画編集の株式会社GEKIRIN , 2021 All Rights Reserved.