動画制作コラム 動画広告

広告をInstagramで「もっと」!見てもらえるポイント3選

投稿日:

広告をInstagramで「もっと」!見てもらえるポイント3選

動画マーケティングにおいてSNSへの広告は欠かせません。
しかし、その中でもInstagramでの広告をどう行うべきか分からないという方も少なくないでしょう。
 
そこで今回はInstagramの効率的な広告の方法を3つのポイントに分けて解説したいと思います。

様々な広告を作成し、ユーザーに寄り添った情報を

Instagramを使用しているユーザー層はスマートフォンを利用する10~30代の男女です。
 
そのため、ユーザーがInstagramを何のために利用しているか、その目的を予測し広告を出さなければなりません。
10代と30代ではそれぞれ企業に求める物が異なります。
 
それらのユーザーに同一の広告を打ち出しても狙った効果は得られません。
それぞれがコンバージョンするためにも複数の動画広告を作成することで、マーケティングの成功率が格段に上がります。
 
また「集客」や「ブランディング」など、企業側の目的によって広告を打ち出すのもポイントです。ただ商品や情報の紹介をするだけでは、見過ごされてしまいます。

動画は長すぎてもダメ!時間を調整する

動画マーケティングは、文字と違いより多くの情報を伝えられます。
 
また、静止画ではなく動画広告にすることで、スムーズかつ的確に内容を理解してもらいやすいです。
かといって、ダラダラと情報を垂れ流すのはNG。
ユーザーから見て一目見て惹かれる動画マーケティングを行わないと、せっかく作った広告の意味がなくなってしまいます。
 
動画広告のコンバージョン率は、静止画よりも30~60%以上上がると言われています。
より効果を発揮させるためにも、動画広告の長さは1分未満、長くても2~3分が好ましいでしょう。
 
少ない時間で的確に情報を詰め込むのが大切です。
 

動画の良さを活かして視覚・聴覚へ訴えかける

Instagramは静止画のみならず動画の広告を利用する企業も多いため、ユーザーは目が肥えているともいえるでしょう。
 
一方で、静止画に比べて動画はユーザーへの視覚・聴力へ訴えかける力が強く、クオリティの高い動画であればあるほど幅広いユーザーに好まれる傾向にあります。
 
コストはかかりますが、素人が慣れない動画編集ソフトで作成するよりも、制作会社などの動画編集に長けているプロに依頼することでよりコンバージョンが上がる可能性が高いです。
 
また、スマートフォンの液晶比率に合わせて動画を作成するのもポイントです。YouTubeとは違いInstagramでは縦長の動画広告が好まれます。

まとめ

広告をInstagramでより見てもらえるためのポイントを3点ご紹介しました。
 
Instagramを利用するユーザーを把握し、それぞれの利用層を狙った広告を打ち出すこと、そして、動画はある程度の長さに留めクオリティの高いものを作成することが重要です。
 
動画広告を効率的に利用し、Instagramからのコンバージョンアップを狙いましょう。
 

自社に最適な動画編集会社を選ぼう

言葉では伝わりづらいサービスや商材、自社の価値観といった部分を視覚や聴覚で訴えることができるのが、動画コンテンツ。
 
ただ撮影してつなぎ合わせただけで再生回数が上がる動画は滅多にないのが現実です。
きちんと効果が出る動画を作りたいなら、プロの力を借りるのが成功する近道と言えるでしょう。

動画編集のGEKIRINならご相談はいつでも無料!
株式会社GEKIRINなら、効果の出るYouTube動画を
業界最安値1本¥12,000〜で編集いたします。

無料相談はいつでも受付中。

まずは下記よりお気軽にご連絡ください。

-動画制作コラム, 動画広告

Top

Copyright© 動画編集の株式会社GEKIRIN , 2021 All Rights Reserved.