YouTube 動画制作コラム

今更だから抑えておきたい!YouTubeにおけるコンバージョンって何?

投稿日:

今更だから抑えておきたい!YouTubeにおけるコンバージョンって何?

多くの企業がYouTube活用した広告活動を行っている中、いかにYouTubeにおけるコンバージョンを獲得していくかが課題の1つとなっていると思います。
しかし、そもそもYouTubeにおけるコンバージョンとは何なのでしょうか。
 
今回はYouTube広告を活用する上で要チェックしたい「コンバージョン」についてまとめました。

そもそもコンバージョンとは?

コンバージョンのもともとの意味としては「変換」、「転換」、「変化」というものがあります。
これらの意味が転じて、マーケティング用語としてはwebサイトにおける最終的な成果のことを指す言葉として使われています。
 
ではwebサイトにおける最終的な成果とは何でしょうか。
webサービスの種類によって最終的な成果の形は異なりますが、ECサイトでは商品購入、商品紹介サイトではお問い合わせへのリーチなどがあげられます。
 
それではYouTubeでの広告活動におけるコンバージョンとは何でしょうか。
 

YouTubeにおけるコンバージョンとは

YouTubeにおけるコンバージョンとしては、代表的には2点挙げることができます。
 
1つ目は商品を直接買ってもらうことです。
動画によって視覚的に商品の魅力をアピールすることができるので、文章以上に人々の購買意欲にリーチすることができます。
 
2つ目は会員登録やメルマガ登録です。
狙いとしているターゲット層にピンポイントで広告することができるので、同じような属性の人に集中してアプローチできます。
 
これら2つが特にYouTubeにおけるコンバージョン例だと考えられます。

YouTubeにおける広告活動のメリット

YouTubeにおいて広告活動をするメリットは2つほどメリットが挙げられます。
 
1つ目は圧倒的な視聴者の母数です。
全世界で約20億人の視聴者にアプローチできる可能性を秘めているフォーマットであるため、日本に限らずさまざまな国のターゲットに広告を見せることが出来ます。
 
2つ目は特定の層にリーチしやすい性質です。
各々の動画ごとに視聴者の傾向が絞りやすいので、狙いとしている方にピンポイントで広告が打てます。
 
そのため、さまざまな分析結果を意識すればより効率的にコンバージョンを上げることができるというのがYouTubeにおける広告活動の強みです。
 

まとめ

そもそもコンバージョンとは何か、そしてYouTubeにおける代表的なコンバージョン、YouTubeの広告活動のメリットについて記載しました。
 
ニュアンスで認識しがちなコンバージョンについてをしっかり把握した上で、よりターゲット層にリーチする広告を打ち出しましょう。

自社に最適な動画編集会社を選ぼう

言葉では伝わりづらいサービスや商材、自社の価値観といった部分を視覚や聴覚で訴えることができるのが、動画コンテンツ。
 
ただ撮影してつなぎ合わせただけで再生回数が上がる動画は滅多にないのが現実です。
きちんと効果が出る動画を作りたいなら、プロの力を借りるのが成功する近道と言えるでしょう。

動画編集のGEKIRINならご相談はいつでも無料!
株式会社GEKIRINなら、効果の出るYouTube動画を
業界最安値1本¥12,000〜で編集いたします。

無料相談はいつでも受付中。

まずは下記よりお気軽にご連絡ください。

-YouTube, 動画制作コラム

Top

Copyright© 動画編集の株式会社GEKIRIN , 2021 All Rights Reserved.