動画制作コラム 動画広告

動画にSEOって関係あるの?広告担当が知っておきたいVSEOとは

投稿日:

動画にSEOって関係あるの?広告担当が知っておきたいVSEOとは

SEOと聞くと、コラムやアフィリエイトを想像する方も多いと思います。
ですが、動画マーケティング市場が拡大している現在、動画広告においてもSEOの領域に入り込んでいます。
 
動画によるマーケティングを展開したいと考えている方こそ知っておきたい、動画に関するSEOについてお伝えします。

確認しておきたい「SEO」の意味

そもそものSEOの意味は、制作した記事などのコンテンツをGoogleのような検索エンジンから見つけやすくするための仕様です。
SEOが普及しはじめた当初とは違い、今ではやみくもにキーワードを乱立するだけでは検索上位にランクインすることはありません。
 
検索エンジンのシステムの進化にともない、ユーザーが検索したい内容や悩みに役立つ可能性が高いサイトが上位に表示される仕組みになっています。
 

最新のトレンドは「VSEO」

動画を視聴する環境が整ったり、投稿する人が増えたりとさまざまな形で動画がインターネットに普及したことで「動画検索エンジン最適化(Video Search Engine Optimization:VSEO)」という言葉が使われるようになりました。
 
基本的には従来のSEOと変わらず、VSEOはユーザーが検索した単語に関連している動画が検索上位にランクインしやすいことを意味します。
 
具体例としては、検索エンジンからユーザーが検索したワードによってYouTubeの投稿動画が検索上位に上がってくるなどが挙げられます。

VSEOのメリットは?

VSEOの大きなメリットは、広告動画は不特定多数のユーザーの目に触れる機会が増えることが挙げられます。
 
今やYouTubeはGoogleの次に多くのユーザーが使用する検索エンジンとも言われるようになっており、さまざまなユーザーが自分の欲する情報をYouTubeをはじめとする動画プラットフォームで獲得しています。
 
YouTubeへ投稿された動画は他の動画プラットフォームに投稿したものより検索上位に上がりやすい傾向にもあるため、ブランディング動画などをYouTubeに投稿したものを企業サイトに掲載すると言った手段などにより知名度が向上する可能性も見込めます。
 
より多くの人の目に触れたいのであればVSEOを抑えるのは、動画視聴ユーザーが増えている現在では必須とも言うことができます。

まとめ

動画に関するSEOについてお伝えしました。
 
動画視聴ユーザーが増え続けている現在では、動画を検索されやすくするためのVSEOという仕様が欠かせなくなってきています。
より多くの人の目に触れる動画を制作したいという場合、VSEOに関する知識はしっかり抑えておきましょう。

自社に最適な動画編集会社を選ぼう

言葉では伝わりづらいサービスや商材、自社の価値観といった部分を視覚や聴覚で訴えることができるのが、動画コンテンツ。
 
ただ撮影してつなぎ合わせただけで再生回数が上がる動画は滅多にないのが現実です。
きちんと効果が出る動画を作りたいなら、プロの力を借りるのが成功する近道と言えるでしょう。

動画編集のGEKIRINならご相談はいつでも無料!
株式会社GEKIRINなら、効果の出るYouTube動画を
業界最安値1本¥12,000〜で編集いたします。

無料相談はいつでも受付中。

まずは下記よりお気軽にご連絡ください。

-動画制作コラム, 動画広告

Top

Copyright© 動画編集の株式会社GEKIRIN , 2021 All Rights Reserved.