fbpx

動画制作コラム

動画マーケティングにおいて知っておきたい「ROI」とは?

動画マーケティングにおいて知っておきたい「ROI」とは?

サービス内容や企業の規模に関わらず、広告やPRの一環として動画マーケティングに手を伸ばしている企業は年々増加しています。
 
しかし、動画マーケティングに割ける人員コストや金銭的コストは限られていることがほとんどです。
動画マーケティングを効率的に低コストに行うためには、ROIを計測する必要があります。
 
今回は動画マーケティングにおける「ROI」について解説します。

そもそもROIって何?

ROIは「Return On Investment」の頭文字を取ったマーケティング用語であり、ある事業に投資したコストに対して、事業がどのくらい利益が出たかを判別する指標のことを言います。
 
このROIを基準として投資したコストの費用対効果を分析する方法がROI分析です。
ROIは(「売上額」ー「売上の原価」ー「広告などへの投資金額」)/広告などへの投資金額×100で計算します。
 
これはシンプルな式にしてしまうと、利益/投資金額×100と置き換える事も出来ます。
 

ROI分析をするメリット

ROI分析を行うとどの動画であっても一定の基準で費用対効果を分析することができるため、複数の商品のプロモーション動画などを行っている場合であっても、どの動画がもっとも費用対効果が高いかを把握することができます。
 
また、ROI分析を複数行うと、コスパの良いマーケティング方法とそうではないマーケティング方法の差を分析することもできるため、より効率的に各動画マーケティングに投資をすることができるというメリットも存在します。
 
非効率な動画マーケティングに対するコストを抑えることや、適切な人件費、作業費などを回すことができるため、業務における効率の改善にも繋げることもできます。

ROIを向上させるためのポイント

動画マーケティングにおいてROIを向上させるためには、ユーザー目線な動画を制作することが重要です。
 
再生時間が長すぎたり、人目を引かないようなアイキャッチ画像を設定していたりしていてもユーザーのコンバージョンには繋がらず、ただコストが増すだけです。
そのため、いかにユーザーの気を引くことができる動画を制作できるかというのが大切になってきます。
 
自社内で動画制作をすることは外部へ委託するよりもコスト削減に繋がりますが、外部への委託にはユーザーの気を引くためのノウハウが詰まった動画を制作できるというメリットも存在します。
 
抑えるべきコストは抑えるべきですが、ROIを向上させたいと考えた時には、動画制作にかかるコストを見直してみるのもおすすめです。
 

まとめ

動画マーケティングにおけるROIについて解説しました。
 
ある事業に対して投資したコストに対し、実際にその事業がどう利益を出したかを判断する指標となるのがROIです。
このROIを分析すると、より効率的に動画マーケティングを行うことができます。
 
ROIを向上させてさまざまなメリットを発生させるためにも、動画マーケティングではかけるべき点にコストを割きつつユーザー目線の動画を投稿できるように心掛けましょう。

自社に最適な動画編集会社を選ぼう

言葉では伝わりづらいサービスや商材、自社の価値観といった部分を視覚や聴覚で訴えることができるのが、動画コンテンツ。
 
ただ撮影してつなぎ合わせただけで再生回数が上がる動画は滅多にないのが現実です。
きちんと効果が出る動画を作りたいなら、プロの力を借りるのが成功する近道と言えるでしょう。

動画編集のGEKIRINならご相談はいつでも無料!
株式会社GEKIRINなら、効果の出るYouTube動画を
業界最安値1本¥12,000〜で編集いたします。

無料相談はいつでも受付中。

まずは下記よりお気軽にご連絡ください。

-動画制作コラム

Top

© 2021 動画編集の株式会社GEKIRIN