YouTube 動画制作コラム

動画マーケティングの導入前に知っておきたいポイント3選!

投稿日:

動画マーケティングの導入前に知っておきたいポイント3選!

多くの企業が動画マーケティングを導入している中、ビジネスに動画を導入してみたいと思いつつもどうやって動画を扱えばいいのかがわからないという方は多いです。
 
今回は動画マーケティングを行う前に抑えておきたいポイントを3つご紹介します。

動画閲覧者のペルソナを明確に作成

動画マーケティングには当然のように動画の閲覧者が付いて回ります。
 
閲覧者のペルソナを曖昧にしておくと動画の活用フィールドが定まらなかったり、動画編集の方針が決まらなかったりとさまざまなデメリットが発生します。
そのため「誰に見て欲しい動画なのか」を明確にすることが大切です。
 
閲覧者の解像度を高めることはどんな動画編集をすべきかの方向性にも繋がるため、より潜在ニーズにあった動画マーケティングをできるようになります。
 

コストを抑えつつ質の良い動画を使った運用

企業がYouTubeのような媒体で動画を投稿する場合、個人のYouTuberとは異なり企業のブランディングに影響する可能性が高いです。
 
ブランディングに影響を及ぼさないことを前提として、適切な動画編集を行う必要があります。
そのため、動画マーケティングの担当者はSEOやブランディングなどに影響を及ぼさない動画を適切に運用することが重要です。
 
コストを抑えることはPDCAの回しやすさにも繋がる上、リソースを浪費することもないためできる限り低コストの動画編集をおすすめします。
 
長い目で見ると、限りあるリソースの限界を考慮した上で可能な限りコストを抑えつつも質の高い動画を送り出すことが動画マーケティングを成功させるコツといえます。

やらない理由がないならYouTube活用!

「動画マーケティングを考えているけれどもYouTubeは迷っている」という方も多い傾向にありますが、明らかなデメリットがない場合はYouTubeの運用をおすすめします。
 
検索回数や潜在ユーザー数が他のどの媒体よりも圧倒的に多いYouTubeを活用するのは動画マーケティングをする上で抑えたいポイントです。特にYouTubeではCMのような広告動画を配信することもできます。
 
視聴者も広告を当然と受け入れる体制が整っているため、コストパフォーマンスが高い動画マーケティングをしたいのであればYouTubeの運用は必須です。
 

まとめ

動画マーケティングの導入前に知っておきたいポイントを3つご紹介しました。
 
動画マーケティングでは動画の閲覧者のペルソナを明確に定めてから動画編集をし、動画編集に対するコストを抑えつつ質の良い動画を投稿することが重要になってきます。
その上でやれない理由がないのであればYouTubeを活用することが対費用効果の高いマーケティングに繋がります。
 
閲覧者のペルソナを定めることは動画編集の質にも直結することですので、ペルソナを明確にしつつ動画の方向性も決めてより効果的な動画マーケティングをしましょう。

自社に最適な動画編集会社を選ぼう

言葉では伝わりづらいサービスや商材、自社の価値観といった部分を視覚や聴覚で訴えることができるのが、動画コンテンツ。
 
ただ撮影してつなぎ合わせただけで再生回数が上がる動画は滅多にないのが現実です。
きちんと効果が出る動画を作りたいなら、プロの力を借りるのが成功する近道と言えるでしょう。

動画編集のGEKIRINならご相談はいつでも無料!
株式会社GEKIRINなら、効果の出るYouTube動画を
業界最安値1本¥12,000〜で編集いたします。

無料相談はいつでも受付中。

まずは下記よりお気軽にご連絡ください。

-YouTube, 動画制作コラム

Top

Copyright© 動画編集の株式会社GEKIRIN , 2021 All Rights Reserved.