fbpx

動画制作コラム 動画広告

動画広告でアプリをプロモーションする際に抑えたいポイント3点

動画広告でアプリをプロモーションする際に抑えたいポイント3点

昨今動画広告を用いてマーケティングを行う企業が増えています。
その中でも、アプリのプロモーションを目的とした動画を制作したいと考えている企業も多いのではないでしょうか。
 
今回は動画広告を用いてアプリをプロモーションするポイントをご紹介します。

配信するユーザーを絞り込む

SNSは幅広い年齢層のユーザーがおり、全てのユーザーに同じ広告を見せても思うような成果は上げられません。
そのため、プロモーションを「だれ」に向けるかを明確にする必要があります。
 
アプリが一体どの年齢層に向けたものなのか、配信するユーザーが違えば当然動画広告を配信する時間帯も変わってきます。
誤ったユーザー層にリーチした場合「動画配信を邪魔した企業」としてマイナスイメージを持たれてしまうため、注意が必要です。
 
また、配信する対象を明確にすることで、広告の制作もスムーズに進みます。むやみに広告を打ち出していては、コストが嵩んでいくだけとなってしまいます。
 

動画広告は最初の5秒が勝負!

インストリーム広告の多くは5秒でスキップすることが可能です。
 
これは無駄な広告費をカットするためでもあります。
しかし、その分企業側は動画広告を視聴したユーザーを5秒でときめかせなければなりません。
 
また、ユーザーを5秒の先へ引っ張り込むことが難しいと感じるのであれば「なんだこれ!?」と思わせるのも一つの方法です。
 
また、毎日膨大な量のアプリがリリースされている中、自社のアプリを利用してもらうためには、プロモーションが不可欠です。1つの動画だけでなく、何本も動画広告を制作し、どの層にリーチするか研究することで、より最適な動画マーケティングを行うことができます。

SNSを利用して動画広告を打ち出す

SNSが普及する昨今、アプリの動画マーケティングをSNSで行う企業が増えてきています。
YouTubeは動画広告と親和性が高いため、Twitterが外部リンクへのアクセス率が高く、アプリのプロモーションに利用しやすいのです。
 
一方でInstagramは外部リンクへのアクセス率がTwitterほど高くないため、アプリのプロモーションには不向きと言えます。
また、SNSでのプロモーションを通じて、ユーザー同士がアプリを勧め合う現象も発生しやすくなります。
 
未知の物には手を出しづらいですが、知り合いが「これは面白かったよ」とプロモーションしてくれることで、新たなユーザーを獲得することに繋がります。
 

まとめ

動画広告を用いてアプリをプロモーションするポイントをご紹介しました。
 
配信するユーザーを絞り込み、的確に広告を行うこと、そして、動画広告は最初の5秒で勝負をし、SNSを利用することも重要視して、効率よくプロモーションを行いましょう。

自社に最適な動画編集会社を選ぼう

言葉では伝わりづらいサービスや商材、自社の価値観といった部分を視覚や聴覚で訴えることができるのが、動画コンテンツ。
 
ただ撮影してつなぎ合わせただけで再生回数が上がる動画は滅多にないのが現実です。
きちんと効果が出る動画を作りたいなら、プロの力を借りるのが成功する近道と言えるでしょう。

動画編集のGEKIRINならご相談はいつでも無料!
株式会社GEKIRINなら、効果の出るYouTube動画を
業界最安値1本¥12,000〜で編集いたします。

無料相談はいつでも受付中。

まずは下記よりお気軽にご連絡ください。

-動画制作コラム, 動画広告

Top

© 2021 動画編集の株式会社GEKIRIN