動画制作コラム 動画広告

動画制作をする前に!企画の段階で抑えておきたいポイント3選

投稿日:

動画制作をする前に!企画の段階で抑えておきたいポイント3選

動画でのマーケティングや広告が当たり前となった現在では、さまざまな企業が動画制作に乗り出しています。 しかし、動画制作はただ動画を作ればよいというものではありません。
 
動画制作をする上では企画段階で練っておきたいポイントが幾つかあります。
今回は動画制作の企画段階で抑えておきたいポイントを3つご紹介します。

制作する動画は「なんのために」作る?

さまざまなジャンルの動画が溢れている今、動画を制作する上できっちりと抑えておきたいのは「目的」です。
 
多くの人に見てもらいたいというのは当然として、具体的な目的を制作チーム内で共有する必要があります。
具体的な目的の例としては「紹介する商品の存在を認識してもらう」「企業としてのブランディングに繋げる」などが挙げられます。
 
これらの具体的な目的から商品の購入率を上げるなどの目標に繋げると動画制作の上でクリアにしておきたい指標が定まります。
 

制作する動画は「誰に」見て欲しい?

出来るだけ多くの人に動画を見て欲しいと思うのは当然ですが、具体的にどんな人たちに動画を見てもらいたいのかを抑えましょう。
 
商品を開発する上でも利用される、顧客のイメージを固めたペルソナを抑えると動画制作の方針も決まりやすくなります。
最低限抑えておきたいペルソナとしては、顧客の「性別」・「年齢」・「主な悩み/願望」があります。
 
これらを抑えた上で、より詳細なペルソナを練っていくと先に設定した目標・目的に具体的なビジョンを持って近づくことができるようになります。

制作する動画は「どんな雰囲気」にする?

先述した「目的」と「ペルソナ」を練ってから考えたいのが、動画の「雰囲気」です。
 
一口に動画といっても、女性向けだったり男性向けだったり、子ども向けだったりと動画の方向性はさまざまです。
想定するペルソナがどんな動画を見る機会が多いか、どんな動画に興味を持つかを分析した上で動画の雰囲気を定める必要があります。
 
もし既に具体的な動画のイメージがある場合には、参考の動画や写真などを企画段階で共有しておきましょう。
 
動画を自社で制作するとしても、外部に委託するとしても、制作側と企画側での認識のずれは少ないにこしたことはありません。
 

まとめ

動画制作の企画段階で抑えておきたいポイントを3つご紹介しました。
 
動画を「なんのために」「誰に見てもらうために」作るのか、そしてどんな「雰囲気」にするのか。
これらを抑えてから動画制作の企画を行うだけで、企画の質はぐんと上がります。
 
見えない媒体である動画というコンテンツを使うからこそ、企画の段階で可視化できる部分はしっかり具体的にしていきましょう。

自社に最適な動画編集会社を選ぼう

言葉では伝わりづらいサービスや商材、自社の価値観といった部分を視覚や聴覚で訴えることができるのが、動画コンテンツ。
 
ただ撮影してつなぎ合わせただけで再生回数が上がる動画は滅多にないのが現実です。
きちんと効果が出る動画を作りたいなら、プロの力を借りるのが成功する近道と言えるでしょう。

動画編集のGEKIRINならご相談はいつでも無料!
株式会社GEKIRINなら、効果の出るYouTube動画を
業界最安値1本¥12,000〜で編集いたします。

無料相談はいつでも受付中。

まずは下記よりお気軽にご連絡ください。

-動画制作コラム, 動画広告

Top

Copyright© 動画編集の株式会社GEKIRIN , 2021 All Rights Reserved.